ジムでのトレーニングに最適なシューズとは?【ランニング・ウェイトトレーニング】

「ジムで履くトレーニングシューズは、何が良いのか」

これはトレーニングをする方の永遠の悩みですよね。

僕もジムに通い始める前から使っていたランニングシューズをジムでも使い続けていましたが、なかなか良い物が見つからず1年くらい経過。

その間何もしなかったわけではなく、インターネットを中心に自分にあったトレーニングシューズは何か?を調べていました。

今回、ぼくの要望を満たす最適解のシューズを見つけましたので、一般論と独自の見解をご紹介します。

ジムで履く最適なシューズとは?

【一般論】ランニングメインか?ウェイトトレーニングメインか?

一般的に、ジムで履く最適なシューズを選ぶ基準は、「どの種目を行うのか」です。

ランニングを行うのであれば、「ランニングシューズ」が良いです。
ランニングシューズは軽く、クッション性があり、走ることに適したシューズです。

ウェイトトレーニングを行うのであれば、「フィットネスシューズ」がよいです。
フィットネスシューズは、くるぶしまで覆われているため、安定性が高い事が特徴です。

【独自の見解】ランニングもウェイトトレーニングもするなら、安定感のあるランニングシューズがベスト!

「一般論」的には、ランニングメインか?ウェイトトレーニングメインか?で
決める。

この点でぼくは非常に悩みました。
なぜなら、ランニング(エアロバイク)もウェイトトレーニングもどちらもメインでやりたいから。

ランニングシューズを使う場合、ウェイトトレーニングをする際は「安定感」を犠牲にしなければなりません。
また、フィットネスシューズを使う場合、ランニングをする際は、「軽さ」や「クッション」性を犠牲にしなければなりません。

そうした相反する問題を解決するために、考えついたのがこれ。

ランニングシューズの中でもソールが硬いモノを選ぶ。

こうすれば、ウェイトトレーニングの際に安定感を得られますし、ランニングにも適していることは言うまでもありません。

『adidas Alpha BOUNCE RC』を購入

購入したきっかけ

「ソールが硬くランニングシューズ」という観点で選び抜きました。

横や後ろから見て分かる通り、分厚いソールです。

また、力を入れてソールを曲げようとしても容易に曲げられない硬さを持っています。

使用した感想

予想通りの履き心地で大満足です。

ランニング時は、従来のランニングシューズと同様の快適さを得られていることに加え、ウェイトトレーニング時は安定感が増し、回数が1〜2回ましたほどです。
高重量を扱うにつれ、この安定感が重要な要素になってくるでしょう。

とはいえ、僕はまだ扱えませんが、Big3の種目などで体重×1.5倍以上の重量を扱う場合に安定感を得るためには、このシューズでは心許なさそうです。

こだわり

シューズの色味

ウェアに有彩色を取り入れたかったので、毎回履くシューズは無彩色で。
ウェアやシューズで4色以上の色を使うとバランス感を損なう気がしています。

それに、シューズはウェアと違い、洗いづらく、汚れが落ちにくいもの。
汚れが目立つシューズは格好良くないので、ダークトーンの色味を選択。

シューズのブランド

ジムにいるカッコ良い人は、ウェアとシューズのブランドを揃えています。
ぼくも、形から入るべく、持っているadidasのウェアに合わせるため、シューズも迷わずadidasです。

多くても1度に身につけるのは2ブランドまででしょうか。

コスパ最高のプロテイン