トレーニング前におすすめのエナジードリンクまとめ!カロリーゼロだけ!

こんにちは、プロテイン愛好家のユーキです。

今回は、トレーニング前に飲むのに適したカロリーゼロのエナジードリンクを紹介します。

「おいしいカロリーゼロのエナジードリンクはどれだろう?」
「トレーニング前にエナジードリンクを飲むと効果はあるのかな?」

といった、悩み・疑問を解決していきます。

ちまたでは、トレーニングのパフォーマンスを高めるために「プレワークアウト」なる粉末を飲む方がいます。
「トレーニングへの効果が本当にあるのだろうか」と疑問に思い、手を出せなかったりします。

そこで、代わりに手軽に買える市販のエナジードリンクを飲むことにしました。
結果的に、トレーニングへの効果も感じられたので、感想やオススメの商品と合わせてご紹介します。

合わせて読みたい
早く筋肉をつけるため、色々と集めました→僕が1年間で使ったおすすめのサプリメント・筋トレグッズ総まとめ!詳細レビュー!
プロテインの保存の悩みが解決しました→プロテインをオシャレな容器へ!フレッシュロックがおすすめ!
太っちょから細マッチョになりました→インドア派のオタクが1年筋トレしたらこうなった

エナジードリンクの成分

エナジードリンクは清涼飲料水の一種で、以下のカフェインやアルギンニンといった成分を含むことが多いのが特徴です。

カフェイン

カフェインはコーヒーやお茶に含まれる代表的な成分です。
特徴はいくつもありますが、トレーニングに関係する2点紹介します。

眠気覚まし(覚醒)効果

睡眠物質(アデノシン)を抑制し脳神経を興奮させることで、眠気を防ぐ働きがあります。

肥満解消効果

脂肪分解酵素(リパーゼ)を活性化する働きがあります。
運動の前にカフェインを摂取すると、効率的に脂肪が燃える、というわけです。

アルギニン

アルギニンはタンパク質を構成するアミノ酸の1つです。
体内で作り出すことのできる「非必須アミノ酸」に分類されています。
トレーニングに期待できる効果を1点紹介します。

疲労回復効果

疲労が蓄積すると、血液の中のアンモニアの濃度が高くなります。
アルギニンは、そのアンモニアの濃度を下げることで、疲労を感じさせづらくする効果があるのです。

エナジードリンクを飲むタイミング

トレーニングのために、エナジードリンクを飲む場合、トレーニング前に飲むことが多いようです。
ただ、トレーニング中に飲む方も見かけますね。

トレーニング前

トレーニング前に1缶ぐびっと飲み干します。
飲みきれない分は、トレーニング中に飲んでも良いでしょう。

僕は、トレーニング前に飲む派ですね。

トレーニング中

ジム内でトレーニング中に飲む場合、缶でそのままか、ボトルに入れている場合がありますね。
缶の場合、倒すとこぼれてしまうので、ボトルに移し替えた方が無難でしょう。
炭酸が抜けて蓋が開いてしまうので、あらかじめ炭酸を抜いておくのも1つの方法です。

エナジードリンクの種類

エナジードリンクはいくつもの種類がありますが、トレーニングのためならば、「カロリーゼロ」がオススメです。
カロリーゼロのエナジードリンクは、かなり数が少ないので、実際に僕が飲んだものを一挙に紹介します。

モンスターエナジー 「アブソリュート・ゼロ」

成分

(100mlあたり)
・カフェイン:40mg
・アルギニン:125mg
(1缶350mlあたり)
・カフェイン:142mg
・アルギニン:444mg

価格

200円です。

感想


モンスター「アブソリュート・ゼロ」は、王道のエナジードリンクの味ながら、辛味が抑えられとても飲みやすいです。
僕は、数あるエナジードリンクの中でも1番好きな味です。

100mlあたりの成分量がカフェイン・アルギニンともに高く、内容量が350mlと多いため、「覚醒効果」「疲労回復効果」など成分の効果を抜群に感じやすいこともポイントです。

200円と安くはないですが、「味の良いこと」と「効果が感じられること」、「簡単にコンビニで買えること」もあり、一番よく飲むエナジードリンクです。

モンスターエナジー「ウルトラ」

成分

(100mlあたり)
・カフェイン:40mg
・アルギニン:125mg
(1缶350mlあたり)
・カフェイン:142mg
・アルギニン:444mg

価格

200円です。

感想


モンスター「ウルトラ」は、他にはない「スポーツドリンク」風味の味でおいしいです。
少し薄めのアクエリアスに炭酸を足したような味です。

「ウルトラ」は、スポーツドリンク風味のため爽やかで飲みやすく、一般的なピリピリとした辛味のあるエナジードリンクが苦手な方にもオススメできます。

100mlあたりの成分量がカフェイン・アルギニンともに高く、内容量が350mlと多いため、「覚醒効果」「疲労回復効果」など成分の効果を抜群に感じやすいこともポイントです。

200円と安くはないですが、「効果が感じられること」、「簡単にコンビニで買えること」もあるので、モンスター「アブソリュート・ゼロ」が売っていない時・少し飽きた時に、「ウルトラ」を飲んでいます。

レッドブル「シュガーフリー」

成分

(100mlあたり)
・カフェイン:43.2mg
・アルギニン:120mg
(1缶185mlあたり)
・カフェイン:79.92mg
・アルギニン:222mg

価格

200円です。

感想


レッドブル「シュガー・フリー」は甘さが控えられていて、また辛味がとても強く感じられました。
そのため、「甘い」系のモンスターとは違い、ガツンとエナジードリンクらしさを味わえます。
僕はモンスター系の味の方が断然好きです。

レッドブル「シュガー・フリー」は100mlあたりの成分量は少なくないのですが、ショート缶の内容量が185mlと非常に少ないのがデメリットです。
内容量が少ないためか、成分による効果をあまり感じられませんでした。

ショート缶は200円の価格ながら内容量が185mlと少ないのが、かなりのデメリットに感じます。
ロング缶ですと価格は、285円ですが、100mlあたりの成分量は下がってしまいます。
価格と成分量のバランスが均衡しておらず、個人的にはレッドブルは「ナシ」ですね。

マツキヨ「EX STRONG ZERO」

成分

(100mlあたり)
・カフェイン:43.2mg
・アルギニン:120mg
(1缶185mlあたり)
・カフェイン:79.92mg
・アルギニン:222mg

価格

150円です。

感想

マツキヨ「EX STRONG ZERO」は甘さが控えられていて、また辛味がとても強く感じられました。
レッドブル「シュガーフリー」に似ています。
そのため、「甘い」系のモンスターとは違い、ガツンとエナジードリンクらしさを味わえます。
僕はモンスター系の味の方が断然好きです。

100mlあたりのカフェイン・アルギニンの成分量が群を抜いており、エナジードリンクの効果を抜群に発揮することができます。
内容量は250mlと多くなく、サクッと飲める量ですね。

マツキヨ「EX STRONG ZERO」はモンスターよりも「40円安い」、「100mlあたりの成分量は多」「内容量は少ない」という絶妙な立ち位置です。
僕は、マツキヨが近くにあるときは、「EX STRONG ZERO」を積極的に楽しんでいます。

ライジン「RAIZIN ZERO」(今後掲載予定)

まとめ

  • エナジードリンクの効果のポイント:①覚醒効果 ②脂肪燃焼効果 ③疲労回復効果
  • トレーニングのために飲む場合は、①トレーニング前 ②トレーニング中
  • エナジードリンクは「カロリーゼロ」を選ぶべし
  • モンスターやマツキヨがコスパが良い

エナジードリンクはカロリーゼロでも基本t系においしいものばかりでした。

たまにエナジードリンクを飲んでからトレーニングに望んで、いつもと違った新鮮な感覚を味わうのはいかがでしょう?

それではっ!!

合わせて読みたい
早く筋肉をつけるため、色々と集めました→僕が1年間で使ったおすすめのサプリメント・筋トレグッズ総まとめ!詳細レビュー!
プロテインの保存の悩みが解決しました→プロテインをオシャレな容器へ!フレッシュロックがおすすめ!
太っちょから細マッチョになりました→インドア派のオタクが1年筋トレしたらこうなった

コスパ最高のプロテイン