ワードプレス テーマ「STORK」で目次のレイアウトが崩れる場合の対処法

こんにちは、プロテイン愛好家のユーキです。

今回は、ワードプレステーマ「STORK」で目次を自動生成したいのに、レイアウトが崩れてしまう時の対処法について、ご紹介します。

僕はかなりの初歩的なミスをしてしまい、目次のレイアウトが崩れてしまっていました。時間を費やし何度も改善を試み、やっとの事でそのミスに気づいたのです。もしかしたら、同じような悩みを持っている方もいるかと思い、記事にします。

なお、前提として、目次を自動生成する際はプラグイン「Table of Contents Plus」を使うことを想定しています。

あなたのプラグイン「Table of Contents Plus」ですか?

プラグインを新規追加するために、検索ウィンドウで「Table of Contents Plus」を検索をすると、1番目に表示されるのは、「Easy Table of Contents」というプラグイン。でも、僕たちが使うべきは、2番目に表示されている「Table of Contents Plus」です。

これは、僕がやったミスですが、誤って「Easy Table of Contents」をダウンロードし使ってしまい、レイアウトが崩れていたにも関わらず、対処法が見つからず2ヶ月くらい解決策が見つからなかったのです。「Table of Contents Plus」を使っていると勘違いしてしまっていたことが原因でした。

ちなみに、「Easy Table of Contents」を使って生成した目次がこちら。見出しのはじめに「●」が入り、レイアウトが崩れ非常に見づらくなっています。

次に、「Table of Contents Plus」を使って生成した目次がこちら。非常にシンプルで見やすいです。

その他見直すこと

僕が目次のレイアウトを整えようとして試みたことを列挙します。とはいえ、レイアウト崩れの要因は誤ったプラグインを使っていたので、効果はありませんでしたが。

詳細な設定方法などを知りたい方は、「ワードプレス 目次 自動作成」とグーグルで検索すれば、有用な記事が山ほどあるので、そちらをご参照ください。

プラグインのアンインストールとインストール
プラグインの停止と有効化
配布されているCSSを追加
テキスト)
ラベル名
(テキスト)

まとめ

  • ワードプレステーマ「STORK」で自動生成した目次のレイアウトが崩れてしまうときは、「Table of Contents Plus」のプラグインを導入済みか確認する
  • 間違って、「Easy Table of Contents」であった場合は、「Table of Contents Plus」をダウンロードしよう
  • プラグインが動作しない場合は、目的のプラグインを導入しているか確認しよう

以上、僕がしてしまった初歩的なミスと対処のご紹介でした。記事更新のスピードが滞ってしまうのは死活問題。ブログの設定には時間をかけず、効率的に進めたいものですよね。

それではまた!!

コスパ最高のプロテイン