1万円台で買える高コスパ机!サンワサプライ「 シンプルワークデスク」【購入レビュー】

こんにちは、プロテイン愛好家のユーキです。

みなさん、家で机に向かうとき、どんな机をお使いですか?

1日数分なら、結構適当な机で良いんですが、何時間もパソコン作業をするとなると、大きくて頑丈な机が必要になりますよね。

僕はパソコン作業のために、パソコンやHDD、テンキーなど、資格の勉強のために電卓やテキスト、筆記用具を机の上に置いておきたかったので、奥行きがある大きい机を探していました。

そこで見つけたのが、サンワダイレクト社シンプルワークデスク」でした。こちら、購入から3年が経ちますが、使い勝手がとても良いのでレビューします。

シンプルワークデスクとは

事務機器メーカー大手、サンワサプライ社が手がけるさシンプルなデスク!!です。
Amazonでも口コミの評価が高いです。

大きさと重さ

シンプルワークデスクには、下記の通り5種類のバリュエーションがあります。


出典:サンワサプライHP

僕が購入したのは、一番右下、型番「100-DESK080W」で、横幅160cmのタイプです。
書斎用の部屋があったのと、デカイ机に憧れがあったので、こちら一択でしたね。

シンプルワークデスク使ってみた感想

頑丈

シンプルワークデスクはかなり頑丈です。多少揺らそうとしても、容易には揺れてくれません。

それは、この太いステンレス製の脚にあります。細い棒タイプではなく、側面が覆われた立体タイプの棒です。
頑丈さがある分重くなってはいますが、頻繁に移動しない限りは、作業机は重く頑丈なほうが向いているといるな、と使っていて感じます。

組み立て・解体が簡単

最近引越しをして、このデスクを解体し、新居にて組み立て直したのですが、このシンプルワークデスクに惚れ直してしまいました。というのも、組み立てと解体が超簡単。

ざっくり説明すると、作業は<脚・天板・固定金具>を1本のネジで止めるだけで、それを脚の数つまり4回行えば良いです。4箇所でだいたい10分くらい。詳しくは下段にて説明しています。

解体は組み立ての逆をすれば良いので、とても楽で10分くらいで完了です。

奥行きが素晴らしい

やっぱり、奥行きがあるデスクってめちゃくちゃ良いです。「パソコン作業中に、さっとパソコンを奥へ寄せ、手前に手帳を開く」みたいなことは奥行きがあるデスクでないとできないことです。

組み立てを画像で解説

組み立てから完成までを画像で見ていきます。

こちらは、引越し屋から運ばれてきた状況。縦になっていると迫力があってとても大きいです。

天板を上向きに、床に置きます。上から撮るのはなかなか難しかった。。。

この天板の隅に、<脚・天板・固定金具>の順に合わせネジで止めていきます。基本的な作業はこれくらい。1箇所2~3分くらいでできます。

4箇所に脚を取り付けられました。これから、反転していきます。この大きさだと、1人でやる場合周囲の壁にぶつけたりする危険性があるので、注意です。

完成しました。部屋の白い壁紙とマッチいていて、とてもいいですね〜〜!!

シンプルワークデスクの現在

新居へ引っ越して、シンプルワークデスクの行方ですが、、、

その、デザイン性、剛性、大きさから、【ダイニングテーブル】として使用することが決定しました。
幅が160cmあると、横並びでに2人が余裕で入ることができるので、そうした使い方をする予定です。

横並びだと、コミュニケーションの機会が増えそうなので、期待ですね。

シンプルワークデスクまとめ

  • 大きさの種類が豊富
  • 僕が買ったのは、「幅160cm奥行き70cm」のタイプ
  • 頑丈で簡単には揺れない
  • 組み立て解体がとても簡単
  • 奥ゆくがあるデスクは使いやすい
  • 現在はダイニングテーブルとして利用予定

ワークデスクから、ダイニングテーブルへと化身したシンプルワークデスク、今後どのようになっていくのか。

行く末が気になります。

コスパ最高のプロテイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です