炊飯器の選び方!要点だけサクッとまとめる

こんにちは、プロテイン 愛好家のユーキです。

今回は、炊飯器の選び方に関する記事です。

新生活では必要なものがたくさん。しかし料理歴ゼロ年の僕は調理家電に全くの無知。
とは言っても、安い買い物ではないので、しっかりと機能を見極めて、身の丈にあった製品を購入しようと考えています。
家電量販店へ行き、今のところ決まっているのは、「用途はご飯を炊く」、「予算3万円」とということのみ。

それでは、購入するにあたっての前提を確認し、いくつかの機能を比較しながら、最適な炊飯器を導き出してまいります。

購入するにあたって

使い方は「ご飯を炊く」のみ

炊飯器の使い方は「ご飯を炊く」のみです。改めて言う必要もないかもしれませんが、炊飯器は多用途化しています。

ご飯を炊く以外にも、

  • 煮る
  • 蒸す
  • パン
  • スイーツ

などができるのです。
とはいえ、調理家電は他も購入予定なので、炊飯器に求める機能は、「ご飯を炊く」のみです。

炊飯量は5.5号

二人暮らしの推奨炊飯量は3号ですが、作り置きをすることになるであろう僕らにとっては、5.5号の炊飯量が必要です。

予算は3万円

「ご飯を炊く」のみの炊飯器は、この価格帯1.5~3万円がボリュームゾーンです。高いものだと7万円くらいします。

さて、そこでなぜ予算を「3万円」に設定したか?

それは、炊飯器をどの程度使用するか、わからないからです。あまりご飯を炊かなかったとしたら、高級炊飯器を持っていても、勿体無いですよね。新生活だからと、何でもかんでも高機能機種を買っていては、お金が持ちません。

使ってみて、もっと高機能な商品が欲しい!となったら、使っている商品はメルカリで売って、買い換えれば良いかなと。

炊飯器の機能性を比較

加熱方法はIHか圧力IH

加熱方法は下記の4つがあります。

・IH炊飯器
・圧力IH炊飯器
・マイコン炊飯器
・ガス炊飯器

強力に加熱できるIH炊飯器か圧力IH炊飯器のどちらかで決める予定です。
マイコン炊飯器は安価ではありますが、加熱力に欠けますし、ガス炊飯器はガスコンセントの近くに炊飯器をおけないため、却下することにします。

釜のタイプはご飯を食べないとわからない

釜のタイプは、各社それぞれ力を入れています。例えば、下記の通り。

ラベル名
・銅
・鉄
・土鍋

素材によって価格が変わるそうですが、実際にご飯を食べて見ないと良し悪しは判断できないですよね。

初めは釜の素材にはこだわらず、買った商品に不満があれば他のタイプを選んでみるのが良さそうです。

内ふた丸洗いは必須

調べていて、意外と盲点だったのが、「内ふたが丸洗いできるかどうか」です。

ご飯を炊いているうちに、蓋には汚れが溜まってしまうもの。まさに細菌の温床です。放置していると細菌が繁殖したり、カビができてしまいます。となると、定期的な清掃は必須ですよね。となると、清掃しやすいのは「内ふた取り外せる」機種です。

内ふたを取り外せない機種も多いようですが、「内ふた取り外せること」にはこだわっていきます。

その他に留意すること

他にも検討すべき小さな項目がいくつかあります。

・デザイン
・大きさ
・早炊き機能
・無洗米コース

この辺は、実物を見て判断する必要がありそうです。

まとめ

ざっくりと炊飯器について比較してきました。

  • 炊飯器に求めるのは「ご飯を炊く」ことのみ
  • 予算は3万円で必要最低限な機能に絞る
  • 加熱方法は「IH」か「圧力IH」
  • 釜のタイプにはこだわらない
  • 内ふたが取り外せる機種を選ぶ
  • デザイン・大きさ・早炊き機能・無洗米機能も要検討

現状では、こちらが気になています。
パナソニックは「おどり炊き」という炊き方に関する口コミ評価が高いです。

コスパ最高のプロテイン