【お金の教室】矯正歯科に通う親戚が、医療費控除をして住民税が半額になった話<明細で解説>

こんにちは、プロテイン 愛好家のユーキです。

今日は、確定申告をする際の「医療費控除」のお話です。

医療費控除って、やったほうが良いんだろうけど、めんどくさいんだよね〜
実際、どのくらいお得になるんなろう?
たいしてお得じゃないなら、やらなくてもいいかな〜
といった、不安や悩みを解決していきます。

僕は医療費がほとんどかからないので、医療費控除という制度を知ってはいたものの、利用したことはありませんでした。

ところが、矯正歯科に通い、医療費控除を申請した親戚から、本ブログのために住民税の通知書を借りられたので、記事にします。

その親戚は、医療費が高額だったこともあり、医療費控除により住民税と所得税14万円程度も安くなっていました。

それでは、今回は、「医療費控除をする前と後でどのような仕組みでおトクになるか」お話ししていきます。

医療費控除とは

治療にに関連する費用の、実質の負担額が1年間に10万円を超えた場合に、その超過した額を経費として認めてもらえる制度です。

200万円の限度額が設けられています。

医療費控除の対象になるもの

「治療」の費用は医療費控除の対象になります。

・治療費、薬代
・出産
・市販の風邪薬代
・入院の部屋代、食事の費用
・病院までの交通費(タクシー以外)
・歯科矯正
・一部の介護費用

医療費控除の対象にならないもの

「治療」以外の「健康維持」や「検査」の費用は医療費控除の対象外です。

・サプリメントの代金
・美容整形代
・自己都合で発生した入院の差額ベッド代
・人間ドック等の健康診断費用(病気が発見されない場合)
・病院まで車のガソリン代
・駐車場代
・タクシー代(公共交通機関が利用できない場合は除く)

医療費の控除額

ここがポイント
医療費控除額=(医療関連費ー保険金等で補填された金額)ー10万円(*)
(*)総所得金額が200万円未満の場合は「総所得金額×5%」が足切りラインとなる

矯正歯科に通う親戚

矯正歯科に通う親戚が、医療費控除の申請をしたということで、快く住民税の決定通知書を見させてくれました。
平成29年度分が医療費控除をしておらず、平成30年度分は医療費控除をしています。

総所得金額はほぼ同じ

  奇跡的に、給与収入がほぼ同じなので、医療費控除の影響額がわかりやすくなっています。
(総所得金額①が、平成29年度分は2,228,000円、平成30年度分は2,225,200円です。)

医療費は70万円以上の差


平成29年度分の「医療費」の項目は、0円です。

平成30年度分の「医療費」の項目を見てください。

医療費:747,610円となっています。
これが、「医療費控除額」です。
ですので、逆算すると、「実際にかかった医療費は847,610円」ということですね。

それによって、「所得控除合計②」は、平成29年度分は832,486円で、平成30年度分は1,563,843円円となっています。

課税標準額(住民税率を掛ける前の額)は半額に


「課税標準:総所得③」は、平成29年度分は1,395,000円で、平成30年度分は661,000円です。

平成30年度分は医療費控除によって「所得控除合計額②」が前年度より増加しています。

そのため、「総所得金額①」から「所得控除合計額②」を差引いた金額である「課税標準:総所得③」は、約半額となっています。

住民税は半額になった(7万円分安くなった)


住民税は、「課税標準:総所得③」に住民税率10%を掛けて算出しています。

そのため、住民税の特別徴収税額(*)は、平成29年度分は142,000円で、平成30年度分は68,500円と約半額になりました。

(*)会社を通して毎月給与天引きで支払う、住民税の合計。一般的な会社員が支払う住民税額の合計額。

所得税は7万円分安くなった

所得税は、「課税標準:総所得③」に所得税率を掛けて算出しています。
「課税標準:総所得③」の額の大小で、所得税率は変わりますが、親戚の場合は住民税と同様に10%です。

つまり、医療費控除の747,610円が控除されていなければ、この10%分の所得税がかリます。
医療費控除をして所得税が安くなった額は、74,000円です。

医療費控除申請の時給:約3万円!!

医療費控除にかかる申請作業は、めんどくさいと思われがちです。

しかし、意外と簡単です。

  • インターネットを使い、確定申告書類の作成:4時間
  • 書類の提出(持参・郵送):1時間

ざっと、かかる時間は多く見積もっても5時間くらい。

14万円も安くなるんですから、時給換算は約3万円です。
なので、時給3万円以上の人は、申請しなくても良いかもしれません。

詳しい手続きは、国税庁HPでご確認を。

まとめ

矯正歯科ってほんとお金かかりますよね〜。
必ず、医療費控除をした方が良さそうです。

  • 医療費控除は住民税と所得税のダブルパンチで安くなる
  • 住民税は半額になった(7万円分安くなった)
  • 所得税は7万円分安くなった

僕も、医療費が高額になったら、必ず医療費控除をしようと思いました。

 

 

コスパ最高のプロテイン