モルディブ行きのおすすめの航空会社はシンガポール航空で決まり!!

こんにちは、プロテイン愛好家のユーキです。

以前、エアトリで購入したシンガポール航空の航空券をキャンセルしようとしたら、「払戻不可」だった、キャンセルできなかったという記事を書きました。この時のキャンセルの動機はモルディブへ行き先を変更したからでした。

しかし、「払戻不可」ということなら意地でもシンガポールへ行ってやる、ということでシンガポール⇄モルディブの航空券を購入したら、意外と安かったのです。シンガポールは良い場所ですし、航空券も安いとなると、モルディブへ行くにはシンガポール経由がお勧めできるのではないかな?と思い、記事を執筆する運びとなりました。

それでは、モルディブへ行くために、シンガポール航空がなぜ良いか、ご説明して参りましょう。

【エアトリ】予約した海外航空券をキャンセルしてみた<手順やキャンセル手数料など>【旧Denaトラベル】

2018-08-12
注意
・フライト情報は、2018年8月15日記事執筆時点現在の情報です。

日本からモルディブは直行便がない!!あるのは乗り継ぎ便!!

残念ながら、日本発着のモルディブとの直行便はありません。そのため、モルディブへは乗り継ぎ便を利用して行くことになります。

乗り継ぎ1回で行ける、主要な航空会社は以下の通りです。

ラベル名
【アジア】
スリランカ航空(コロンボ経由)
シンガポール航空(シンガポール経由)
マレーシア航空(クアラルンプール経由)
大韓航空(ソウル経由)
キャセイパシフィック航空(香港経由)
【中東】
エミレーツ航空(ドバイ経由)
エディハド航空(UAE経由)

近隣の韓国や香港からは直行便があるので、日本からの直行便にも期待してしまいます。

シンガポール航空を利用する魅力

シンガポール航空は意外と安い

僕は、日本⇄シンガポール⇄モルディブ の航空券を、往復2名分で18万円で購入しました。1人あたり9万円です。

日本とモルディブの往復が9万円です。これ、とても安いと思います。だって、東京⇄大阪の新幹線のチケットが3万円の時代に、日本⇄モルディブが9万円です。

モルディブはホテル代が高額になりがちです。限られた予算をホテル代に充当するためにも、航空券代を安くすませられるのは大きなメリットとなるはず。

もちろん、他の航空会社の方が安い場合だってありますし、航空券の価格は時期によって大きく変動します。

ちなみに、2名分の往復の航空券は、日本⇄シンガポールは「エアトリ」で約10万円、シンガポール⇄モルディブは「スカイスキャナー」経由で航空会社のHPから約7.3万円(シンガポールドル911$)で購入しました。

日本⇄シンガポール

シンガポール⇄モルディブ(マレ)

日本発着でない航空券の場合、スカイスキャナーは使いやすくて、抜群に安かったです。

シンガポール航空は航空会社ナンバーワン

航空会社の格付けを行うスカイトラックス社が発表した2018年の世界のベストエアライン「エアライン・オブ・ザ・イヤー2018」では、シンガポール航空が1位にランクインしています。

僕も、シンガポール航空のおもてなしの良さは、出発前から実感しています。

今回の航空券の予約に関して、シンガポール航空へ「Eチケットの取得方法」についての問い合わせをしました。すると、シンガポール航空の日本支店の方から「メール」および「電話」で回答をいただくことができました。

格安チケットをとった僕に対して、それはもう丁寧に対応していただきました。出発前から満足です。

もちろんシンガポールを楽しめる

日本⇄モルディブの航空券のみを手配する場合、途中の乗り継ぎ地点で数泊することが可能となります。

この際、乗り継ぎ地点で重要なのは、「少ない日数の滞在で楽しめるか」です。メインはモルディブなので、乗り継ぎ地点ではできて1~2泊。空港の近くに名所が密集しているほど、乗り継ぎ地点では濃密に過ごせるはずです。

シンガポールは言わずと知れた面積の小さな国家で、およそ東京との1/3の大きさです。そんな小さな面積ですが、名所は盛りだくさん。ユニバーサルスタジオやマリーナ・ベイ・サンズなど語り出したらきりがありません。

シンガポールを乗り継ぎ地点に選んだら、楽しめること間違いなしです。

まとめ

  • 日本からモルディブは直行便はない
  • 乗り継ぎ1回でいける主要な航空会社は、アジア系・中東系で7社
  • シンガポール航空利用のモルディブ往復航空券を、9万円で購入できた
  • シンガポール経由は楽しみスポットが盛りだくさん

それでは、モルディブで一番良い体つきになれるよう、トレーニング頑張ります!!

コスパ最高のプロテイン