【結婚式】母親用の衣装・留袖をレンタルをしてみた

僕は9月に挙式をあげる予定です。
それも京都の神社で。

なんだか「和」を結集したような挙式になりそうで、楽しみです。
「京都和婚」なんて呼び方もするそうで、せっかく珍しいことをするので、この件はまた別記事にしたいと思います。

で、その挙式時の衣装って、悩みます。
男性はこだわりが少ない方も多いと思いますが、女性はめ〜ちゃくちゃこだわりますよね。

結局、僕は紋付袴、婚約者は白無垢を着ることになりました。

やっと、新郎新婦の衣装が決まったのもつかの間。

親族の衣装も考えなければなりません。
この点は、親族間では最低限「フォーマル度合い」を合わせればよいです。
ただ僕らの場合は、親族にも衣装を合わせてもらおうということになり、父側は「モーニング」、母側は「留袖」になりました。

僕の母は留袖を持っていないので、レンタルをすることに。
今回は、「youR STYLE」というレンタル衣装サイトで注文しました。

親族用の和装の「youR STYLE」でレンタルをしてみた

ステップ1:youR STYLE トップページ

まず、「youR STYLE」のトップページへ。
着物美人の新婦さんとそのお母様がもてなしてくれます。
今回は、母親の留袖をレンタルするので、「留袖」をクリック。

留袖以外にも、いろんな衣装があります。

ステップ2:衣装選び

サイズ別やお値段別で選ぶことができます。
今回は、値段を抑えめにしたいのでお値段別から選んでいきます。

ここで注意点。
「年代」は選ばないようにしましょう。
年代を選んでしまうと、低めの価格帯が意図的に表示されない仕様になっています。
商売上手ですね〜〜笑
上記の検索条件で検索すると、63件も表示されています。
留袖というシンプルな衣装ながら、このバリュエーションはすごいですね。
衣装にこだわりがある方でも満足できるのではないでしょうか。

一方、値段重視の方も満足できそうで、12,960円という超破格のものまであります。
今回は、母の希望で「002-012 流水天井絵に鶴」という柄をレンタルすることに。


希望の柄をクリックすると、詳細を見ることができます。
これはセットに付属する小物一覧。
必要十分なものが網羅されており、完璧です。

ステップ3:利用日・サイズなど入力

カレンダーから、希望の日を指定します。
ほとんど空きの「○」のため、希望の衣装をレンタルできる可能性が高そう。


衣装を着る人の基本情報を入力していきます。
本人以外が着る場合は、あらかじめ下記を聞いておくと良いかも。

  • 年代
  • 身長
  • 足のサイズ
  • 洋服のサイズ


注意点は、「安心パックの有無」について。
これは、クリーニング補償費用です。
多少汚してしまっても、保証費用が免除される仕組みです。

着物を着たまま飲食をする場合は「必要」にしたほうが懸命です。
1000円かかるものの、着物は高いので、汚した場合のクリーニング費用はばかにならなそう。

ステップ4:必要情報入力(一般的なネット通販と同じ)

あとは、ネット通販と同じように、下記のステップに従い入力して行くだけです。
なお、届け先が自身の住所と違う場合は、(挙式会場や着付けサロンなど)住所をあらかじめ確認しておいた方が良いです。

  • カートの中身確認
  • 申し込み者情報入力
  • 配送先設定
  • 支払い方法設定
  • 申し込み内容確認
  • 完了


無事、申し込みが完了しました。
もちろん挙式は楽しみですが、母が着物を着てる姿を見たことがないので、その点も楽しみにしておきます。

まとめ

以上、レンタル衣装やで「留袖」のレンタルを注文した話でした。
実際に挙式を終えたら、母が留袖を着た感想などを追記していきます。

コスパ最高のプロテイン