インターネット固定回線<縛りなし・解約手数料なし>の3事業者を要点だけ比較

こんにちは、プロテイン愛好家のユーキです。

今日はインターネットの固定回線に関する記事です。

僕は新居でのインターネットの固定回線の事業者を選定中です。特に重視しているのは、「縛りなし=解約手数料なし」であること。というのも、1年以内に引っ越すかもしれないため、2年縛りや40ヶ月縛りの事業者を選定してしまうと、高額な違約金を支払うことになってしまうからです。

「縛りなし=解約手数料なし」の条件だと、事業者をかなり絞ることができて、選ぶのが非常に楽です。まだ事業者を決めかねているため、候補に上がった3社を要点だけ比較していきます。

注意
・記事執筆時点2018年8月15日現在の情報を記載しています。
・マンションタイプの料金を記載しています。(戸建・ファミリータイプの料金ではありません。)
・料金は税抜きで記載しています。

縛りなし=解約手数料なしインターネット3事業者はやみ表

候補に上がった3社が全てフレッツ光サービスを利用した会社でした。
具体的には、DTI光、エキサイト光、ぷらら光を検討しています。

DTI光 エキサイト光 ぷらら光
月額料金 3600 3360 3600
工事費用 15000 15000 15000
違約金 なし なし なし
移転費用 15000 15000 15000
キャッシュバック 13000 なし なし
初月利用料 なし 3360 3600

DTI光の特徴

DTI光は、月額料金3600円が初月無料なのと、最低6ヶ月以上使用することで得られる13,000円のキャッシュバックが特徴です。

縛りなし=解約手数料なしでありながら、短期の利用でも月額料初月無料やキャッシュバックを得られるのはかなり大きなメリットです。

繰り返しになりますが、キャッシュバックを受け取るには最低6ヶ月以上の利用が必要です。僕は引っ越すとしても約1年後なので、このキャッシュバックを受け取る権利があります。

エキサイト光の特徴




エキサイト光は、月額料金が3360円と格安なのが特徴です。

キャッシュバックなどがなく、シンプルに月額料金が安いです。キャッシュバックの手続きは煩雑であることが多いため、こうした手続きが苦手な方には向いていそうです。

ぷらら光

ぷらら光は、運営主体が株式会社NTTぷららと、「NTT」を冠していることが特徴です。

聞いたこともない事業者がたくさんある中で「NTT」と聞くと暗闇を照らす一筋の光のような安心感があります。

通信品質はどこが良いかはわからない

上記の3社を比較するにあたって、料金面で大差があるわけではないので、通信品質も重視したいと考えました。しかし、通信品質は「地域」、「マンション」、「時間」によって条件が異なるので、僕が利用する場所での定量的な通信品質に関する情報を得ることができませんでした。

どの会社も、「回線速度が速い」という声もあれば、「回線速度が遅い」という声もありました。

要は、事前に調べてもわからない。使ってみなくちゃわからない、ということのようです。

なので、「通信品質」については選定の条件に入れることは難しいと判断します。

豆知識:無派遣工事なら工事費が安くなる

工事費用は15000円と記載しましたが、こちらは通信事業者が行う工事(派遣工事)の費用です。

住居によってはこの派遣工事が必要なく、契約者本人が簡易的な設定(無派遣工事)をすれば良い場合もあります。この場合の工事費用は2000円です。

そして、派遣工事必要なくなるのは、「光コンセント」が設置されている場合です。賃貸の住まいなどで前の住居社が光回線の工事を行っていたような場合に、「光コンセント」が設置済みです。

ちなみに、フレッツ光以外の事業者の場合は、必ず光回線工事が必要となるそうです。

参考にしたHP

インターネットの通信事業者について丁寧に解説されているHPがあり、自分にとって有用な情報を本記事にまとめました。

余談ですが、全ての情報をグーグルで調べたのに、参考にしたのは全て「ネット先生 Japan」さんのHPでした。わかりやすさがずば抜けています。

まとめ

  • 短期で引越し・乗り換えをする予定なら「縛りなし=解約手数料なし」の事業者がおすすめ
  • DTI光は初月の月額料金無料やキャッシュバックがお得
  • エキサイト光はシンプルに月額料金が安い
  • ぷらら光はNTTグループ運営

以上、インターネット事業者の比較でした。これから、もう少し煮詰めて、事業者を決定します。

 

 

 

コスパ最高のプロテイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です